【住宅購入雑学】新築住宅の購入方法を解説!

0236707_%e7%89%a9%e4%bb%b6%e5%86%99%e7%9c%9f1_%e4%b8%80%e5%bb%ba%e8%a8%ad%e6%a0%aa%e8%a5%bf%e6%9d%b1%e4%ba%ac%e5%96%b6%e6%a5%ad%e6%89%80_4%e5%8f%b7%e6%a3%9f_2016-08-251

以前、『小平市での新築一戸建ての買い方!』でも簡単に触れましたが、
もう少し突っ込んだ内容を全2回に分けてご説明したいと思います。

まず、土地を持っていない方が新築住宅を購入する場合、どのような方法があるか?

大きく分けると次の2パターンになります。
1.建売住宅を買う。
2.土地を買って、注文建築で家を建てる。

今回は『1.建売住宅を買う』について詳しく解説していきます。

建売住宅の購入方法は次の3つに分けられます。

Ⅰ.大手分譲会社の建売を買う
Ⅱ.パワービルダー系の建売を買う
Ⅲ.その他の事業者の建売を買う

Ⅰの大手分譲会社とは、三井不動産や野村不動産などの、財閥系や大資本である不動産会社であり、
この事業者の物件は、当社のような一般の不動産会社には情報が回らないため、
直接販売現地を訪ねるかもしくはインターネットなどで情報を入手することになります。

Ⅱのパワービルダー系とは、市川海老蔵さんがCMキャラクターを務めていることで有名な、
飯田グループホールディングスに属する6社+関係子会社を言います。
このパワービルダーは以前にもご説明しましたが、小平市内における大手分譲会社を除く建売住宅の
5割強を供給していますので、かなりの確率で購入対象となることが想定されます。
尚、このパワービルダー系の物件は、殆どの不動産会社で取り扱いがありますので、情報の入手は
比較的容易です。

そして最後のⅢのその他の事業者とは、上記Ⅰ、Ⅱ以外の建売分譲会社のことを言います。
東京都内だけでも数百社の建売事業者があり、小平市に建売住宅を供給したことのある事業者は、
当社が把握しているだけでも130社ほどあります。
これらの建売事業者は、各社が他社との差別化を図るため、デザインが優れていたり、構造や仕様に
特徴がある事業者が多いです。
これらの事業者の物件情報は、多くは一般の不動産会社に情報が流通していますが、一部の事業者は
自社でのみ取り扱っているところがあるため、そういった場合には直接連絡の上、情報を入手する
ことになります。

以上のように『建売住宅』と言っても、その供給事業者には大きく違いがあり、また情報の入手も
一元的には出来ません。

インターネットが進歩した現代でも、こうした情報の一元化は難しく、スーモやアットホームなどの
大手不動産ポータルサイトでもその全ての情報を網羅するには程遠いのが現状です。

ご説明してきましたように、建売住宅と言っても供給元により情報の入手方法や購入方法は異なり、
また、一元的に情報を収集することは非常に困難となります。

もし、建売住宅の購入を検討される場合は、Ⅰの大手分譲会社の建売とⅡ及びⅢの事業者の建売を
検討することとなります。

Ⅰについては当社でもご紹介は出来ませんが、Ⅱ及びⅢにつきましては、豊富で新鮮な物件情報は
勿論、供給している事業者の情報も多く保有しておりますので、是非当社を有効にご活用ください!

尚、当社では毎日無料相談会(勉強会)を開催しております。
相談会(勉強会)ご希望の方はこちらよりお申し込みいただけますので、是非ご利用ください!
今回ご説明した内容以外のことも色々とご説明いたします。

muryo_moshikomi_03

Exif_JPEG_PICTURE

宅建士:佐藤正臣

関連記事

  1. Exif_JPEG_PICTURE 【住宅購入雑学】小平市の新築一戸建て事情
  2. The iPhone 4 【住宅購入雑学】携帯料金滞納の落とし穴
  3. Exif_JPEG_PICTURE 【住宅購入雑学】住宅購入に掛かる諸経費とは~建売編②~
  4. クレジットカード 【住宅購入雑学】キャッシング枠の落とし穴!
  5. 【住宅購入雑学】小平市内の新築一戸建ての相場を知る!Vol.2
  6. 家とお金 【住宅購入雑学】住宅ローンの審査基準ついて
  7. Exif_JPEG_PICTURE 【住宅購入雑学】現地販売のよくある間違い
  8. info_image 【住宅購入雑学】正しい判断を下すために相場を知る!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP