空間をデザインする、ポップアップ天井とは!

こんにちは、代表の佐藤です。

最近、とある建売業者の物件に“ポップアップ天井”なる仕様が採用されました。

元々、“折り上げ天井”や“ロフト”などを標準としていましたが、最近ではこの“ポップアップ天井”も採用するようになり、廉価な建売でありながらデザイン性も兼ね備えるという、とても魅力的な物件をリリースされています。

さて、このポップアップ天井ですが、一体どんな仕様と言いますと、百聞は一見に如かず画像をご覧ください。

このように、天井の一部を少し下げて、アクセントクロスでデザインする仕様が“ポップアップ天井”です。
ただし、こうした仕様を建築用語として正式に“ポップアップ天井”と呼ぶかは定かではありません。ちなみに私は31年の不動産業界経験で初めて聞きました(^^;

折り上げ天井は天井の一部を上げて、平面な天井に段差を付けることでリズムを生み出します。そしてこのポップアップ天井は折り上げ天井とは逆に、天井の一部を下げることでリズムを生み出すという建築手法となっています。
同一空間に、“折り上げ天井”と“ポップアップ天井”が採用されていると、とてもLDKが華やかになり、空間としての面白みが増しますね。

お金をかければ色々な空間デザインは可能ですが、あくまでも販売価格を廉価に抑え、多くのお客様にマイホームを手にしていただくためには、低コストで出来るこうした仕様を採用していただけることは、とても良い事だと思います。

とかく『どうせ建売だから…』と、デザインを諦めるお客様もいらっしゃると思いますが、最近の建売は価格を抑えつつデザイン性を高める物件も数多くリリースされていますので、建売だからとデザイン性を諦めず、是非理想のマイホームを手にしていただければと思います。

当社では、本日ご紹介しました“ポップアップ天井”を採用した物件はもちろん、デザインコンセプトをもって建てられた物件など、デザイン性の高い物件も数多く取り扱っておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください!また、無料住宅相談会も毎日開催しておりますので、是非ご利用ください!※無料住宅相談会は下記バナーをクリックしていただくと申込みフォームへと進めます。

代表:佐藤正臣

代表:佐藤正臣

muryo_moshikomi_03

関連記事

  1. 【BCSシリーズ】@50万円/坪(税別)新・仕様!
  2. K様邸新築工事 祝・上棟!【小平市学園東町】
  3. K様邸新築工事進捗状況【小平市学園東町】
  4. アクセントクロスへ変更し素敵な空間へ!
  5. 10年目スタート。皆様に感謝。
  6. 【建物ライブラリー】2階リビングと勾配天井のある家 ―小平市仲町…
  7. 【街バル】開催!市内初開催!3月3・4・5日
  8. 出版物の時限再販(期間限定)が始まる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP