【住宅購入雑学】小平市での新築戸建ての買い方!

こんにちは、代表の佐藤です。

本日は、小平市での住まいの買い方についてお話します。

以前もお話ししましたが、小平市内における建売住宅は、
月40件程度が成約となり、ほぼ同数の新規物件が供給されています。

0194258_物件写真1_株式会社飯田産業本店営業部_2-E号棟_2016-07-04[1]

一方で、売地については一般居住用として利用されるであろう物件が、
月平均で20区画程度成約となっています。

このことから、小平市内で新築一戸建てを購入された方のうち、
40組は建売、20組は注文建築でマイホームを購入されたことが分かります。

こう調べて見ると分かりますが、注文建築で購入された方も意外と多いですよね。
最近の建売は比較的完成しても売れ残っているケースが多く、完成物件を見て購入できる
安心感があるのはメリットだと思います。

ただし、これらの建売を供給している事業者に偏りが見えるため、選択肢としては少々
楽しみに欠けるというのも否めません。

こうした中、当社でも展開をしておりますが、比較的安価な価格で建売並みもしくは
建売以上の仕様でも注文建築が可能となり、注文建築によるマイホーム購入の敷居が
以前に比べてだいぶ低くなっています。

IMG_3739_1_1

もちろん好みが分かれるところだとは思いますが、せっかくの高い買い物ですし、
理想とするライフスタイルを反映した住まいに暮らすのも、悪くないと思います。

ただ、土地を購入して注文建築で建築するには、建売住宅を購入する場合に比べ、
手続きが煩雑になるばかりか、資金計画も大きく変わる場合があり、こうした部分を
しっかりとサポートしてくれる不動産会社または建築会社を選ぶ必要があります。

当社では、土地のご紹介、建築会社のご紹介、住宅ローン斡旋、司法書士のご紹介は
もちろんのこと、全体をコーディネートするサービスを行わせていただきますので、
ご安心してマイホームのプランニングに専念していただくことが可能となります。

また、小平市を専門に取り扱っておりますので、どこの地域がどういった建築制限で
あるかなど把握しておりますので、ご予算に応じた物件のご紹介をピンポイントに
行うことが可能となっております。

是非当社が提唱する『土地+注文建築』で理想のマイホームを手に入れてください!

ご相談やご質問は毎日に受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

また、無料相談会を実施しておりますので、ご家族でお気軽にお試しください!

ご連絡をお待ちしております。

≪無料相談会のお申し込みはこちらから≫
muryo_moshikomi_03

Exif_JPEG_PICTURE

佐藤正臣

関連記事

  1. 【住宅購入雑学】キャッシング枠の落とし穴!
  2. 【住宅購入雑学】携帯料金滞納の落とし穴
  3. 【住宅購入雑学】持病や病歴があるとローンが組めない?!
  4. 【住宅購入雑学】小平市の新築一戸建て事情
  5. 【住宅購入雑学】小平市内の新築一戸建ての相場を知る!Vol.2
  6. 【住宅購入雑学】新築住宅の購入方法を解説!
  7. 【住宅購入雑学】住宅ローンの審査基準ついて
  8. 【住宅購入雑学】現地販売のよくある間違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP